師走の奈良公園で…

1450150572793一昨日、関西在住の息子が、友達と行った奈良公園の写真を送ってきてくれました。
1枚目が冒頭の写真で、あいかわらず苔ファンの私に苔と石。
そして2枚目が石畳に落ちた紅葉の写真です。

1450150582343 (1)

どちらも足元風景(?)ですが、12月も半ばだというのに、苔は青々とし、紅葉は地面に落ちてもこんなに鮮やかなのだと驚きました。
東京に居ると、師走はついつい街のイルミネーションばかりに目がいきますが、自分が気付かないだけで、自然の中にはこんな鮮やかなものがまだまだたくさんあるんだろうな…と思いました。

先日行ったリーダーシップ関連のセミナーの中で、スタンフォード大学ビジネススクールの75人の評議会メンバーたちに「リーダーが開発すべき最も重要な能力は?」と質問したところ、ほぼ全員が合意した答えは自己認識力(Self-Awareness)だったと述べられていました。

灯台下暗しの言葉があるように、私達は身近なものほど気づき難くく、さらに自分自身についてとなると、わかっているつもりでも気付けていないことや理解できていないことが意外なほど多くあったりします。
そして実はそこに取り組むことが様々な問題解決のカギだったり近道だったりするのですが、それに気付けず、自分の外に向かって解決策を求めたり必死で努力したりしています。

師走となり今年を振り返りながら、私自身、自分について大きな気づきを得ることのできた一年だったな…と思う今日この頃です。
来年はさらに仕事の中で、リーダーの方々の自己認識力の向上に貢献できればと思っています。

カテゴリー : ブログ