スイッチ!

NCM_0453s今日は、八王子市男女共同参画センター主催『子育てママの再就職応援講座~仕事と家庭の両立術~』の講師を務めさせていただきました。
私自身、専業主婦からの再就職であったこともあり、時々このようなお仕事もさせて頂いています。
体験談なども交えながら子育て中の女性にとってのワークライフバランスを考え、ペアワークなどを行いながら今の自分を理解し、将来に向けて計画を立て、再就職への最初の一歩を見つける…という流れで、講座の終わりには、明日から取り組むことを一人ずつ発表していただきました。
「子供と少しずつ離れる練習をします」「まずは生活のリズムを整えるため朝ごはん作りを見直します」「部屋の隅で埃をかぶっている通信教育のテキストを開きます」「英語の勉強を始めます」などなど、それぞれの前向きな宣言が聞かれて会場はポジティブな雰囲気に包まれます。

ここで2時間の講座は終了なのですが、「よし!明日からこうしよう!こう変わろう!」と誓ったその思いを維持し成し遂げていくのが至難の業ですよね…
そのための啓発本などもたくさん出ていて、特に有名なのはベストセラーにもなった『スタンフォードの自分を変える教室』Kelly McGonigal (著)あたりでしょうか。
私的にこの本と同じくらいお勧めなのが、タイトルの『スイッチ! ― 「変われない」を変える方法Chip Heath, Dan Heath (著)です。
この本では、人の理性を”象使い”、感情を”象”、環境を”道筋”に例えながら、理性に訴え、感情を揺り動かし、環境を整えるという3つのフレームワークで変化を引き起こすことを具体例を挙げながら楽しく教えてくれます。
また、『スタンフォードの…』は個人に対しての意志力への働きかけがメインですが、こちらは個人も含め組織、社会の変化についての事例が豊富です。
そして、その3つのフレームワークから振り返ると、自分がいつも失敗してしまう原因が、”象使い”なのか”象”なのか”道筋”なのか…そんなことも見えてきたりします。
講座に参加して宣言して下さった皆さん、今年こそ新年に掲げた抱負を全うしようと思っている方々、また何かしらを変化させたいと思っている方々…ぜひ読んでみてください。

カテゴリー : ブログ

1 / 3123